ぬいぐるみができるまで

生地発注から納品までの、ぬいぐるみ生産の流れを細かくご紹介します。
生地発注、入庫後の生地検査
生地入庫後、写真の機械を使用して、色ムラ等の不良が無いか生地のロール検査を行います。
生地の裁断
裁断型を作成後に生地の裁断に入ります。随時、裁断型・裁断品の変形がないかチェックを行います。
刺繍
裁断後に刺繍を施します。刺繍が施されたパーツは検針作業を行います。(検針1回目)
縫製ライン
生産見本をもとに縫製を行います。
縫製後の検針
全ての縫製終了後、綿を詰める前に検針作業を行います。(検針2回目)
綿詰め作業
決められたグラム数に合わせて、機械で綿を詰めます。細かい箇所は手作業で丁寧に詰めていきます。
綿詰め後の検針
綿詰め作業後、すぐに検針作業を行います。(検針3回目)
仕上げ・形状チェック
生産見本をもとに、糸色・縫い数・形状の確認をし、ほつれ等の外観検査を行います。
梱包ルームへ
仕上がった商品を目視でチェック後に、梱包前の検針作業を行います。ここでは、L字型に配置した検針機で、商品の縦方向1回、横方向で1回の計2回検針作業を行います。(検針4回目)
パッケージ作業
紙タグや袋詰めの作業を行います。
X線検査
パッケージ終了後に検針作業を行います。ボールチェーンなど、検針機が通せない商品は、X線検査を行い全品目視で確認をします。(検針5回目)
カートン詰め
検針が終了した商品は最終のカートン梱包へ。カートンへ梱包後もカートンごとにもう一度検針機へ通します。(検針6回目)
出荷
カートン詰めされた商品はこちらの滑り台を通って1階のコンテナへ運ばれ、日本へ向けて出発です。